スポンサーサイト

  • 2018.09.21 Friday

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 0
    • -
    • -
    • -

    ブルガリア料理教室に参加しました

    • 2016.09.21 Wednesday
    • 16:21

     

     

     

    9月18日(日)、NPOメイク・ミラクルズ主催の「テラ・カフェ クッキング ブルガリア共和国の伝統料理」教室に参加しました。

     

    講師のエヴァのデモンストレーションと通訳の方のわかりやすい説明で、スープ・肉料理と付け合わせ・デザートをみんなで作り、いただきました。

     

    スープは「タラトール」というヨーグルトのスープ。

    ブルガリアらしいですね。

    ブルガリアではヨーグルトはデザートというよりは、スープ・サラダ・ソースなどお料理に使うことが多いです。

    このタラトールは、ヨーグルトにキュウリが入って、さらにニンニクが効いた夏にぴったりの冷静スープです。

     

    お肉料理は「キュフテ」という、肉団子とハンバーグを足して2で割ったような一品です。

    セイヴォリーやクミンなどの独特なスパイスと歯ごたえのある触感で、ボリューム満点、食べ応えのあるお料理です。

    付け合わせのマッシュポテトは、そのままでももちろんいいですが、ブルガリア人がよく使うスパイスソルトを少しかけるとおいしさアップ!

     

    デザートのミルクライスは、生のお米に牛乳と砂糖を入れてコトコトと弱火で約1時間煮るという手間のかかる一品。

    さすがにこれは時間内ではできず、事前にスタッフの方々が作ってくださったものを盛りつけただけでした。

     

    親子で参加されていた方も多く、ブルガリアのついてのクイズなど、お料理だけでなく食文化を通してその国を知ろうという異文化交流の場でもありました。

     

     

    タラトールとキュフテ、マッシュポテト。

    カップはミントティーです。

     

     

    ブルガリア料理のレシピ本(日本語)にもタラトールなどヨーグルトを使った料理が多数出ています。

     

    日本語版ブルガリア料理本 中谷スネジャナ著『ブルガリア料理の小さな宝物』

     

    スパイスソルト、セイヴォリーなどのスパイス類、ハーブティーにご興味のある方、ぜひ一度お問い合わせください。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    PR

    calendar

    S M T W T F S
     123456
    78910111213
    14151617181920
    21222324252627
    282930    
    << April 2019 >>

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recommend

    links

    profile

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    無料ブログ作成サービス JUGEM